榊 記彌栄のライブ見聞録

箏曲家 榊記彌栄の情報です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
~広島で行われたある国際文化交流イベントで感じたこと~

先日、アフリカのある国のミュージシャンとダンサーを迎えて、あるNPOが主催した平和文化国際交流関係のイベントに参加した。平和文化国際交流関係と書いたが、この種のイベントは…と一括りに言っては悪いかも知れないが…広島では「平和文化国際交流」というイベント・ジャンルが成立していると思われるくらいよく行われる類のイベントである…なにせ国際文化平和都市を標榜し、「平和文化センター」を中核に「平和文化」を推進している都市だから。
なにもケチをつけいるのではなく、それも他の都市にはない広島の特異性であり積極的にやればいいと思う。事実、参加したくだんのイベントも僕は実に有意義な時間を過ごしたと感じた。

ではそのイベントについて少しレポートしよう。イベントの基本的な構造として、国際交流というくらいだから、ゲストとホスト…この場合、アフリカのアーティストたちと広島側のメンバー(語り部の被爆者の方やNPOの活動家など)の間に、相互に「語り」や「メッセージ」の交換があり、そして「文化」の交換が行われる。このイベントの場合でも、最初、日本側のミュージシャンとこども合唱団によるウエルカムがあり、ゲストが紹介される。イベントの前半は、ゲストとホスト、お互いが体験を語り合うことで共感を醸成し、共通の課題を発見していくというシーンである。そして後半は、それぞれのバックボーンであるカルチャーを際だてながらも、イベントの趣旨にうまく合致した音楽やダンスなどの表現演目が選ばれ交換される。この場合、アフリカのある国で起こった大量虐殺を体験し自暴自棄なった主人公のシンガーソングライターが、数年たって「赦し」の自覚によって甦り、創作活動を再開して誕生した曲をメインに、民族的な唄とダンス(これには本当に感動した!)を組み合わせた…真面目だが極めて人を楽しませるライブと、広島側からは、小学生による素晴らしい合唱のプレゼントであった。個人的な趣味で言えば僕は合唱、特に西洋近代音楽的な文脈…つまりハイカルチャーとしてある合唱はあまり好きでないが…この場合、イベントに趣旨にふさわしく正当に選曲された合唱作品を、実によく訓練され、微細で真摯な表現で聴くことができ幸運であった。このようなまるで歌垣(うたがき)のようなカルチャーの応答交換…ここまでは上手くいき会場は盛り上がりハッピーであった。問題は「結び」の部分、最後のパートであった。
会の最後に、会場の全員で、ある「平和の歌」を歌おうというのである。たぶんこのイベントの総仕上げとして、ある一致した理念や感情また意志の予定調和的な共有のために会場全員で共同作業を行おうという意図であろうが、これが正直うっとうしかった。
歌のメッセージは、他人への思いやりやシンパシーから笑顔を伝え平和を願うというものであった。それ自体に文句はないのだが、表現がメッセージのためのメッセージとなっていると僕には感じられた。メッセージが絞り出され、必然的にそこから表出されるところの実体や身体が感じられない。そこにあるのは要するに具体的な「生」の背景が切り捨てられた虚ろな身体(普遍的言説空間)であり、それは実存在としての多様な人々の共感や感情移入を受け止めることができないのである。
広島の地では、これまでこういった機会で、善意ではあるが、こうした少し傲慢で押しつけがましい紋切り型の「絶対的正しさ」を強要されて息苦しくなるケースはよくある話しである。事実、多くの人は、それまでの自由闊達で上気した高揚感と多様な息づかいを失い(あのアフリカ・ダンスのせっかくの根源的かつしなやかでデリケートな息づかいも台無し!)、急に仮面のような表情となって単調な身振りでメッセージをただ鸚鵡返ししている…「ヒロシマ」が要請する国際文化交流のスタイルはこんなものだろうか?否、今こそもっと洗練された配慮が欲しいものである。

『平和学』における基本行動規範のひとつに、状況の中へ身をさらす行為という意味でexposureという言葉がある。これからの国際文化交流のスタイル…それは、世界の各地域、各民族のさまざまなバックボーンを担う人びとが、ある状況を共有しつつ、互いの差異を尊重しながらも自らをexposureし、相互に影響を受けながら生まれる新しい関係性のもと協働し、新たな状況を創造する活動スタイルであろう。
確かに「地球化社会」では、ある普遍的世界システムの構築や共有なしにはありえないだろう。だからといって、人びとの日常の生すべてが同質な一極普遍システムに吸収されれば良いという議論は危険で、たぶんそんなことを「ヒロシマ」は要請していない。
平和をめぐる言説や表現が、生きとし生けるものの固有性を曖昧とさせることなく、誇らしくも輝かしい「生」の上にこそ成り立つということを望む。

くどいようだが、上記はくだんのイベントについての苦言では決してない。惜しむらくは…というため息みたいなものである。事実、イベントの内容は大筋において納得のいけるものであり、感動的ともいえるものであった。その点、主催者の尽力に敬意をささげるものである。
(2010年7月・文責:石丸良道)
スポンサーサイト
広島市都心~ライブ文化形成について
(ライブハウス・インストアライブ)

報告者:石丸良道(NPO法人セトラひろしま副理事長)

広島市都心エリアでのライブ文化形成において、エリア内のライブハウスやショップ、ストアで行なわれるライブ(インストアライブ)の動向は、重要な影響をもってくるものと思われる。
広島ライブ文化の発信を描く前に、我々はここで、今、果たして広島で、アーティストが「食える」状況があるのか?彼らが自らの表現によって対価を稼ぎ、生活を保障できる状況があるのか?さらに言えば、「業としての文化」、産業としての文化のあり様が、この一地方都市で可能かという問題を問いたい。広島が文化でメシが食えるようになるにはどのような「明日の文化」を描いたらよいのか。

■インストアライブの現状
広島市都心部において、インストアライブは、近年それなりに頻繁に行なわれるようになったといえる。パブ、バー、ホテル、デパート、ショールーム、洋風居酒屋、レストラン、カフェ、音楽喫茶、カルチャー教室、画廊、ケーキ屋さん、ビアホール、美容室、郵便局、小売店、神社、楽器店等の場所で、内容は、各場所のテイストや雰囲気に合わせ工夫された企画が多く、ライブハウスとは一味違った魅力がある。ジャンル的には大音量で機材準備が必要となるロック系のバンド演奏が少なく、代わって歌やアコースティックな楽器を使用した、クラシック、ジャズ、ワールドミュージック、フォーク、邦楽といったジャンルが多く、ライブハウスと住み分けができているように思える。
ライブは定期的、不定期に開催されているが、定期的なシリーズ展開は少ない。しかもアーティストからの持込企画も多く、ショップやストア側が主催・企画しているケースが少ない。アーティストはここででもチケットの販売に頭を悩ますことになり、長続きがしない企画が多くなる。この点、単にお店の雰囲気づくりやステータスづくりというだけでなく、販促に多いに利用するとか、店側からの積極的な取り組みが期待される。
夜に行なわれるライブの場合、飲食店やホテル等でのライブが主となるが、小売店やショールーム、などで、ショップが閉まる直前の夕方時間、ラウンジかロビーで30分~40分程度の短いライブを行なえば、ライブ前に買い物や待ち合わせをし、ライブを聴いた後、夜の街へというパターンも定着化し、顧客対策にもなるということである。
料金システムについては、各場所や主催のかたちで違うが、お店主催のライブの場合、無料か、できるだけ低い料金が望ましい。アーティスト謝礼を確保する料金収入だけにとどめ、後の経費は、お店の販促費用でまかなうという姿勢が最低条件であろう。
団塊の世代等の夜の過ごし方に、さまざまな趣向を凝らしたライブを提供するなど、インストアライブはこれから面白い動きになっていくだろう。
以下、ライブ文化活性化に資すると思われるインストアライブのあり方について提案する。

■インストアライブによるライブ文化の発信の提案
~音楽やアートに触れられるスポット増殖計画~
「インストアカルチャーライブ・プロジェクト(仮称)」    
*Shop Meets Culture(smc)
・Shop Meets Music(smm)
・Shop Meets Art(sma)
《内容》
・広島市都心に位置する小売店、飲食店などでのコンサートライブ及び展覧会企画の実施提案と企画のキャンペーン的プロモーション。
《課題》
・プロジェクト参加店舗とアーティストとのマッチングシステムの開発。店舗にとっては顧客サービスあるいは新規顧客の開拓ツールとして活用できるコンテンツの提供。
・鑑賞者へは、プロジェクト共通クーポン券の発行等、特典の付与。
・各インストアカルチャー企画を全体的に告知する共通広報システムの確立.

■ライブハウス活動の現状
ライブハウスについて言うと、一昔前は、ロックやジャズが(ただしロックが圧倒的に多い)演奏され、音楽を楽しむ場所とし一般にイメージされていた。最近では、ロックやジャズも細分化し、またクラシックやワールドミュージック、ヒップポップDJ等、扱うジャンルは幅ひろく、ライブを楽しむお客の年齢層、趣味等の多様化に対応して独自なカラーを打ち出すライブハウスも見られるようになった。ライブハウスも拡散と多様化の時代と言える。
ライブハウス自体の数も増えているという。広島市は、100万人あたりのライブハウス数で、東京都、福岡市、大阪市、神戸市、名古屋市、京都市に続き、全国7位(2007年データ)である。

しかし、お客が増えているとは言いがたい。一般の市民には、先述のように、まだまだその存在が知られていない。ライブハウスに行く習慣がついていない。継続的に行く客が少ないし、お客も2~3年で入れ替わっている場合が多い。少ないパイの取り合いと言え、個々のハウスの経営は結構苦しいと聞く。
ライフハウスに出演するアーティストは、発表会的ライブをするアマチュアバンドから、プロのアーティストまで多様。最近、ライブハウス数も増えたせいか、技量の未熟なアマチュアバンドでも比較的容易にライブハウスのステージ立つことができるようなり、ライブのレベルが落ちたと嘆く経営者もいる。最近、老舗のライブハウスでは、以前と比べ、お客の取れる東京からのアーティストのライブ回数が増え、地元アーティストのライブは減ってきているという。
ライブハウスのシステムは各ハウスによってさまざまだが、多くのライブハウスで、出演ミュージシャンにノルマを課している。そのシステムは「pay to play」(「演奏のための支払い」)である。ハウスバンドを設け、それを売りにしているところもあるが、数は少なく、レンタルホール的な運営が多いのが実態である。またライフハウスが主催し、独自のイベントを打つハウスもあるが、頻度、数ともに少ない。これでは、アーティストも育たないし、独自の音楽ムーブメントを起こすこともできない。
言えることは、先述のように、文化シーンにとって、ライブハウスの活動の現状が、それぞれ点的な活動であり、点と点を結んだ面というか、他所から見て分かりやすいスタイルやムーブメントを形成していないということだ。他の文化シーンでも言えることだが、個々の活動を有機的に関係づけ、構造化する「文化統辞論的装置」が、この街には欠けている。つまりここでも、文化シーンを見える形(都市の一つのスタイルとして)として特徴づけ、売り出し、アピールするイメージ・プロモーション戦略が欠けている。

■ライブ文化を通した広島文化発信の提案
<ライブハウス活性化のための文化統辞論的戦略>
現状を脱するためには、意識的に強化されるべき、推進力のあるムーブメントを起こす必要があるだろう。また、広島市都心部におけるライブ文化開発には、特に、観光客やビジターを意識することが最重要とされる。観光客やビジターにとって、この街で、わざわざライブハウスにいこうとする動機があるだろうか。ミニ東京化したライブを見てもつまらない話である。観光客やビジターは、「他所では観れないもの」が見たいのである。この街「自生・創発」のライブムーブメントがあり、全国的に知れわたること、これが突破口になる。
そのための戦略的な仕掛けとして、強調・特化すべきジャンルによるムーブメントを起こす必要がある。以下は、考えられるライブ文化ムーブメントのジャンルである。

《強調・特化すべきライブ文化ムーブメント》
①広島フォークや広島ロックムーブメントの復活・再生 
⇒ストリートフォークや「おやじバンド」を巻き込み、広島フォーク村伝統の復活
②神楽などローカル芸能の要素を取り入れた新広島ローカル芸能ムーブメント
⇒神楽セッション、神楽寄席、神楽常設館公演など、またこの要素が影響して誕生するクラブシーン等におけるダンススタイル・「EBISU DANSE」とか「UZUME DANSE」など。
③上記①と②が相互に影響し合って生まれるトランスワールドミュージック的なムーブメント
⇒広島地球文化村の誕生

《課題》
●ライブ文化ムーブメントを統辞論的にプロモーションする装置・システムの開発
<アーティストを育てる>
ハウス主催のイベントの活性化、ハウス間のアーティスト・シェア制度、統合的ポータルサイト構築によるアーティスト・プロモーション支援(ライブ情報、ウエブチケットサロン、ブログ、音楽配信等も含む)
<お客を育てる>
割引券等顧客の優遇制度や、ライブ鑑賞共通券等の発行
「ローカルということ#1-先ずはあまりにも抽象的な話し」

オバマ大統領は、これからは「ソフトパワー」の時代だと言っています。危機を乗り越えるためには「ソフト」が必要で、また乗り越えた後、残るのは「ソフト」であると。「ソフト」を構築できたものが、次代に花咲くと。
いま必要とされることは、次代の文化をイメージすることです。それは何か?

次代の文化について、その「地球化社会」に対応した文化は何か、私は「Trans-world Culture」というイメージをもっています。まだ漠然としていてその言葉が良いのかどうか分かりませんが、一昔前の「World Music」が示すものでは何か言い足らないので、便宜上その「World」の前に移動とか越境という意味を指す「Trans」を加えています。
何が「World Music」では物足りないのかという話しはこの際やめておきますが、「Trans-world Culture」という言葉で、次代の地球化社会におけるポリ・カルチャー的な展開のあり様と、現状のオルタナティブとして世界各地域における「ローカル文化」の復権と、その相互交流の姿をイメージしています。

ただし「オルタナティブ」という言葉については、この言葉を嫌う方も含め、さまざまなとらえ方があり、それこそ立場によって異なります。いずれにせよ昔風のカウンター・カルチャーと違い、白黒対抗して決着をつけるという平板なとらえ方ではすまされない気がしています。

話しをもとに戻しましょう。「Trans-world Culture」は、ローカル文化の復権という課題を前提にしています。その意味で、「Trans-local Culture」と言えます。

この課題は目の前の広島にも当てはまります。「世界」や「地球」を言う前に、先ず広島のローカル文化をどうつくるかという話しです。もっとも広島の特異性は、「ローカル」としての「広島」と同時に、「普遍性」としての「ヒロシマ」、その両者の課題を同時に引き受けていることであり、広島のローカル文化の確立のためには、その一部に、「ヒロシマ」の考察から導きだされる「地球化社会」における広島の立ち位置を意識した活動や振舞いが含まれていることになります。
広島のこの特異性は、強力な強みになるかも知れないし、結局、強力な匂いを放つローカル文化をつくることに失敗する元凶となるかも知れません。

それに世界各地域に「Trans」する無数の情報に影響される現在の文化状況において、ローカル文化の確立は、昔風のそれとは決定的に違ったものとなるでしょう。情報が世界のすみずみまでに浸透する環境に合った「ローカル文化」が構想されなければなりません。
もともと「ローカル」という言葉は矛盾を含んでいます。まず暗黙の前提として「中央」との関係や対立を含んでいること。もっと進んで、この言葉は常に他者との接触において現れるものであり、「アイデンティティー」という言葉と同じく、他者の存在なしではありえないこと、いや他者の存在そのものがローカルをつくるということです。そしてローカルの復権が、ともすれば偏狭な国家主義、民族主義、地域主義という幻想に煽られる傾向を含んでいることです。
他方、「*ローカル」を捨てて、人びとの日常の生すべてが同質な世界市民的一極普遍システムに吸収されれば良いという議論も極端で、それこそ危険なワナの匂いがします。

確かに「地球化社会」では、ある普遍的世界システムの構築や共有なしにはありえないでしょう。ここではそれを漠然と「*生文化的世界身体」とでも言っておきましょう。この身体は、世界の各地域に、自生的に振る舞うが矛盾を抱えるローカルを常に産み出します。そして産み出されたローカルはそれぞれ、自ら生きるために矛盾を越えて共存の条件を探り、自らを越え(Trans)て変身(Transform)します。そのことによってまたあらたに生文化的世界身体がつくりかえられるというイメージを描くことができます。
このように「ローカル」は、この「曼荼羅」的な世界身体の中で、それ自体固定化するものでなく、動いていくもの、まさに「Trans」していくものだと思います。(石丸良道)

*ローカル:この言葉を、個々の「固有の生」という意味でも使っています。
*生文化的世界身体:この世界身体において「ヒロシマ」は決定的な意味を持っていると考えます。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。