榊 記彌栄のライブ見聞録

箏曲家 榊記彌栄の情報です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Ensemble Myth Hiroshima Presents : Live composition
TOYO × MATRIX (トヨ・バイ・マトリックス)

現代の陰陽神舞、それは「現代の神楽」

前回公演で復活をとげた少女トヨ、それは生命を育む地球のイメージと重なる
音と舞によってトヨの心の中を旅する

明日のためのLIVESCAPE

2008年12月19日(金) 開場18:30 開演19:00 
アステールプラザ多目的スタジオ
主催:Ensemble Myth Hiroshima 
協力:FREE HEARTS、NPO法人セトラひろしま

toyo-matrix1.jpg
*MATRIX:本来は「子宮」を意味するラテン語で、そこから何かを生み出すものを意味します。この「生み出す機能」から「母体」あるいは「子宮体」のニュアンスもあります。自然科学では、数を縦横に配置した数学の行列。様々な式や値を、豊穣に生み出す、一種の「母型」であり、包み込むような子宮状の記号で表現されます。
トヨ舞台H20.斜1
〈舞台空間デザイン〉
TxM08_1.jpg
〈舞台空間の打ち合わせ〉


■出演者
【箏・17絃】 榊 記彌栄
【舞・笛】 鼓谷 義之
【太鼓踊り】 広島民俗歌舞団“おとまい”
【VOICE】 宮脇 百合江
【キーボード,パーカッション】 Bom (光行 剛)
【ドラムス,SAMPLES,VOICE】 Kiyoppa
【Sound effect】 Keta ra
【フリースタイル・ダンス】 上前 昌之
【 VJ 】 moto (oRgSys) *VJアシスト・カメラマン:西川 美佐
【サイコデキシビリー】 虹の森のレインボーズ
【フルート】 石丸良道

<TxM08_7.jpg
〈交差-上前 昌之&鼓谷 義之〉
IMG_10.jpg
〈場の形成-方位舞-広島民俗歌舞団“おとまい”〉
TxM08_2.jpg
〈記憶の形成1-宮脇 百合江〉
TxM08_3.jpg

TxM08_4.jpg
〈記憶の形成2-榊 記彌栄+石丸良道〉
TxM08_5.jpg
〈記憶の形成3-Kiyoppa〉
TxM08_6.jpg
〈記憶の形成3-Bom+Kiyoppa+Keta ra〉
TxM08_8.jpg
〈記憶の交換〉
TxM08_10.jpg
〈記憶の交換+ 虹の森のレインボーズ〉

■スタッフ
【舞台監督&音響】 山崎 信明(SHINOMOTO)
【照明】 佐々木 隆良(SHINOMOTO)
【美術】 石丸 良道 
【テクニカル・アシスト】 中津 靖孝
■アドバイザー: FREE HEARTS
■制作: Ensemble Myth Hiroshima


Ensemble Myth Hiroshima アンサンブル・ミス・ヒロシマ(アム)
多様な表現ジャンルのアーティストによる越境的なコラボレーションにより、今日における「神楽」的なるものを追求する公演集団。それは明日の「神話(Myth )」の追求である。
本集団結成前、2000年から2006年にかけて「安佐乃南座」として6回の公演を行う。2007年6月、「安佐乃南座」のコンセプトを継承し本集団を設立。2007年12月、メスカリア“トヨの はらっぱ”を公演する(二回公演・広島市アステールプラザ多目的スタジオ)。
*代表:石丸良道
*座長:榊記彌栄 


■プロフィール
【箏・17絃】
榊 記彌栄(Sakaki Kimie)
箏・十七絃箏奏者、沢井箏曲院教授、榊記彌栄OKOTO教室主宰、Rin Studio主宰、NPO法人セトラひろしま理事
古典邦楽の中にとどまらず、ジャンルにとらわれない自由なスタイルでライブ及びコンサート活動を国内外で精力的に行っている。最近は音楽・イベントプロデューサーとしても活躍しており、世界の様々なアーティストとのコラボレーションを通じ常に新しい「音・空間」を追求している。2007年10月、ロシアで開催された国際エスノ・フリージャズ音楽祭“ART DEPOT”に招待され絶賛された。
に招待され絶賛された。

【フリースタイル・ダンス】
上前 昌之 (Kamimae Masayuki)
15歳よりダンスを始めダンスディライトやTRFコンサートツアーなどにダンサーとして出演、ストリートダンスをベースに様々なダンスコンテストでも優勝している。その後、いくつかのプロダンスチームを経て、24歳より5年間の渡米生活を送る。
帰国後、広島を拠点にダンスユニット《JOINTS OF SOUL》にてダンス活動開始。広島のダンスシーンを盛り上げるために、定期的にストリートパフォーマンスで構成された、舞台演出、映像製作などイベントの企画制作にも携わる。

【舞・笛】
鼓谷 義之(Kodani Yoshiyuki)
能狂言・里神楽・萬歳・民謡・獅子舞・和太鼓などの伝統芸能をベースにした表現を「創作民俗芸」と名付け、和奏楽人TOPPI・和太鼓“ 彩”などで活動。日本の芸能文化を親しみ易く伝える表現活動を続けている。 また横笛(龍笛・能管・篠笛)奏者としても活動している。
(財)民族芸術交流財団より「伝統文化コーディネーター」に認定。広島民俗伝承芸能研究会主宰。広島民俗学会会員。狂言大蔵流茂山千五郎千鳥会。能管森田流。雅楽紫寶。

*広島民俗歌舞団“おとまい”
日本の伝統芸能をベースにした歌舞集団。今年7月、伝統文化コーディネーター鼓谷 義之指導のもと養成講座がスタート。厳しい稽古を重ね、9月より演奏活動を開始する。古より人々の生活に脈々と息づくもの(民俗性)、私たちの住むこの国で大切にされてきた“良き心”を、ふれ合う人々と歌舞という芸能を通じて共有していくことを目的に、古くも新しい創作表現を模索している。

【VOICE】
宮脇 百合江(Miyawaki Yurie)
エリザベト音楽大学宗教音楽学科卒業。卒業後、舞台芸術に関心を持ちミラノへ留学。1990年に帰国後は、広島で様々なオペラ創りに演出、演出助手として参加するかたわら、箏との共演をはじめジャズ、タンゴなどジャンルを超えた舞台創りを試みている。その間グレゴリオ聖歌への憧憬は絶えたことはなく2007年にフィレンツェで開催された国際学会に参加。
現在、広島文教女子大学講師、国際グレゴリオ聖歌学会会員、広島NHK文化センターイタリア語講師。

【キーボード、パーカッション,etc.】
Bom (光行 剛)
様々なアートの情報発信地「Koba」を経営しながら、広島においてCM Song や映画音楽などの制作を行っている。
主にKeyboard,パーカッションを演奏し、国内外の様々なアーティストとの共演も行っている。

【ドラムス,SAMPLES,VOICE】
Kiyoppa
高校入学と同時にドラムを始め、広島市内のライブハウス等で活動する。2002年にakicool.com.project に参加。同時期、ジャズクラブSOHO のハウスバンドのメンバーにも参加。以後様々なミュージシャンと共演し、ジャズ、ラテン、ハウス、トランス等、様々な音楽の研究に取り組んでいる。

【Sound effect】Keta ra

【VJ】
moto (oRgSys)
ギタリストとしてキャリアスタート。2003年所属バンドでDJ&VJを担当し,その後,ソロとして主にクラブでのVJ活動を開始。VJとしてこれまでDJ KRUSH,DJ BAKU,FPM(田中知之),DACHANBO,kid606等、国内・海外のアーティストと共演。2008年本人監修による自主映画(ドキュメンタリー)をクランクイン。また演劇と映像のコラボ劇団『B-lucks♪』で映像/音響監督として活動中。所属レーベル『oRgSys RECORDS』の最高顧問
*VJ アシスト・カメラマン:西川 美佐

【サイコデキシビリー】
虹の森のレインボーズ
第2期大須賀芸能・虹組。
(ヴォーカル、アコースティックギター、4弦バンジョー、5弦バンジョー、クラリネット、フルート、アコーデオン) 6名

【フルート】
石丸良道 (Ishimaru Ryoudo)
九州芸術工科大学(現・九州大学芸術工学部)音響設計学科中退。1972年から1976年までスペインに滞在し、帰国後は、絵を描きながら元祖フリーターとなり、音楽イベント、アートイベント、祭り、芸術祭等の企画プロデュース、舞台美術、空間演出、まちづくり活動コーディネート等、さまざまな仕事をこなす。そのかたわら、笛に魅せられフルートや南米アンデス地方のアシ笛・ケーナを演奏する。NPO法人セトラひろしま副理事長。





EAM -アム- 目次に戻る
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。