榊 記彌栄のライブ見聞録

箏曲家 榊記彌栄の情報です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年も、とうろう流しの日がきます。
原爆死没者供養・被爆67周年 
平成24年度 ピースメッセージとうろう流し
慰霊のための音楽奉献 “Offering of Music”

■日時:2012年8月6日(月)  18:00~20:30
■場所:元安川親水護岸 とうろう流し会場 

●慰霊のための音楽奉献 “Offering of Music” 
*流れ行くとうろうに音楽を捧げます。
【2012とうろう流しゾリステン---音楽奉献団】
《筝・17絃》榊 記彌栄《篠笛》福原 一《薩摩琵琶》大野 友梨子《篳篥》三浦 元則《クラリネット》伊藤 紀江《シンセサイザー》船田奇岑 《ギターエレクトロニカ》marron《打楽器》宮本 直美《クリスタルボウル》 はら・まゆ魅

tourou2012.jpg

【アーティスト・プロフィール】
●榊 記彌栄 <Kimie SAKAKI / 筝・17絃(Koto)>
 箏・十七絃箏奏者。古典邦楽の中にとどまらず、ジャンルにとらわれない自由なスタイルでライブ及びコンサート活動を国内外で精力的に行っている。ロシア・アメリカ・リトアニア、オーストリア等で、数多くの国際音楽祭に参加し、世界の様々なアーティストとのコラボレーションを通じマルチで多彩な「音・空間」を追求している。またコンサート活動とともに、最近では音楽・イベントプロデューサーとしても活躍している。
 沢井箏曲院教授、榊記彌栄OKOTO教室主宰、アリスガーデンパフォーマンス広場事業AH!プロデューサー。

●大野友梨子<Yuriko OONO / 薩摩琵琶>
薩摩琵琶を女流第一人者坂田美子師に師事。宮島厳島神社管絃祭、国土交通省観光ルネサンス事業、広島県大型観光キャンペーンなどで宮島千畳閣、厳島神社高舞台で演奏。フランスやオーストリアなど海外公演も多い。しおさいの會主宰。宮島観光大使。

●福原 一 <Ikkan FUKUHARA/篠笛>
篠笛を故六代目 福原百之助こと寶山左衛門に、締太鼓、小鼓を藤舎円秀に師事。邦楽からジャズまで様々な演奏家との共演を通じ篠笛の可能性を探求中。2003年放送文化基金賞 特別賞受賞。2008年G8議長会議晩餐会にて演奏。宮島観光大使

●三浦 元則 <Motonori MIURA / 篳篥(Hichiriki)>
 1982年生まれ。広島県呉市出身。祖母、父の影響を受け幼少の頃より雅楽に親しむ。東京芸術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒。篳篥(ひちりき)、歌謡(うた)を東儀雅季氏に師事。東京楽所(とうきょうがくそ)をはじめ、邦楽、洋楽、復元楽器などとの共演やレコーディング、FM放送、サロンコンサートにも多数出演。現在広島を拠点に、ヨーロッパ、南米、オーストラリア等、国内外で精力的に活動している。

●船田奇岑<Kishin FUNADA/ シンセサイザー>
絵師 Artist(日本画、現代美術、etc)、Thereminist ・ Contemporary musician、レコーディングエンジニアCBSソニー中国地方SD、制作スタジオ サウンドデザイン MIT代表などを経て、現在もHALEレーベルなどでコール・スガンディなど多くのCD制作にかかわる。最近はテルミン(Theremin)の即興演奏での可能性を求めて、現代音楽、フリージャズ、邦楽などのミュージシャンとも、コラボレーションを数多く行っている。また、絵師として、日本画から現代美術まで幅広く活動し、アートフロントギャラリー(東京・代官山)、広島・福屋本店美術画廊などで個展を多数開催。2007年開業のザ・ペニンシュラ東京(東京・有楽町)には130点の作品がある。

●伊藤 紀江 <Norie Ito/ クラリネット>
オランダ王立デン・ハーグ音楽院卒業。これまでに森田利明、アプ・フォスの各氏に師事。在蘭中、各地にて室内楽、オーケストラで新曲初演を含む数々の演奏会に出演する。現在は2度のソロリサイタルをはじめ、近年はJ.ブラームスが遺したクラリネットの為の室内楽曲(三・五重奏曲、2つのソナタ)を半年の間に行った2回の演奏会で全て演奏するなど、室内楽やその他オーケストラなどでも広く演奏活動を行っている。

●宮本 直美  <Naomi MIYAMOTO / Percussion> 
 エリザベト音楽大学打楽器コース卒業。1994年日本クラシック音楽コンクール打楽器部門全国大会入選。同年、和太鼓グループ彩鼓-あやつづみ-を結成し、広島に拠点をおきながらアメリカ、カナダ、韓国、台湾などでも演奏活動を行う。今福優氏(元鬼太鼓座)など多数のミュージシャンと共演し、ジャンルにとらわれない打楽器奏者として活動中。

●marron<ギターエレクトロニカ> 
ジャンルにとらわれる事なく様々な音楽を独自のフィルターでOUTPUTする。アンビエントを基本に独自の手法によるギターエレクトロニカのオリジネーターとして、世界各地のミュージシャンより支持を得ている。アルゼンチンのFernando Kabusacki、シアトルのBill Horist、イギリスの映像作家Max Hattler、etcなど海外のアーティストとのコラボレーションも多い。爆笑の先に何かあると信じる京都在住スマイリーな音楽自由人。

●はら・まゆ魅 <Hara MAYUMI / クリスタルボウル> *hapeace
99%水晶でできた7個で1セットの「クリスタルボウル」という楽器を日本に広めるため活動している。2005年「日本クリスタルボウル協会」を設立し会長に就任。「心に愛と平和の光を灯す」ことをテーマに全国においてコンサート、施設・病院で音楽療法を続け、神社仏閣にて「祈りのコンサート」を行っている。21世紀は「水晶の世」とも言われるように、水晶は地球の中心、情報機器の中心、私たちの骨も同じケイ素でできており、今の時代に必要な音色である。


■主催:とうろう流し実行委員会(広島祭委員会・広島市中央部商店街振興組合連合会)
■共催:hapeace(ひろしま平和芸術週間)
■企画コーディネート:特定非営利活動法人セトラひろしま・広島文化会議準備会
●「ピースライトを灯して・・・」(連動企画) 19:30~18:30頃
慰霊のための音楽奉献 “Offering of Music”に合わせ、親水テラス対岸で「ピースライト」を灯した慰霊の送り火を行います。

スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。