榊 記彌栄のライブ見聞録

箏曲家 榊記彌栄の情報です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
原爆死没者供養・被爆67周年 
平成24年度 ピースメッセージとうろう流し
慰霊のための音楽奉献 “Offering of Music”
■日時:2012年8月6日(月)  18:00~20:30
■場所:元安川親水護岸 とうろう流し会場 

●慰霊のための音楽奉献 “Offering of Music” 
*流れ行くとうろうに音楽を捧げます。
【2012とうろう流しゾリステン---音楽奉献団】
《筝・17絃》榊 記彌栄《薩摩琵琶》大野 友梨子《篳篥》三浦 元則《クラリネット》伊藤 紀江《シンセサイザー》船田奇岑 《ギターエレクトロニカ》marron《打楽器》宮本 直美《クリスタルボウル》 はら・まゆ魅

2012とうろう


とうろう流しの現場そのものが、ある強度ある風景に昇華した。
流れ、たゆたう灯とうと音楽が、その風景を誘った。
それぞれ実力のある演奏者ではあるが、ことさら無名性のもと、ほぼ即興的に演奏された音は風景に応答し、
そこには広島でこそ、表現されうる密度の高い何かがあった。
一帯の多くの人々が、その風景の臨場を確認し、共有した、ほとんど至福な時であった。

2012灯ろう2

他者の音を聴く・・・・

2012tourou4.jpg

とうろう流しゾリステンのシンセ、エレクトリック・ギター、パーカッション・・・サウンドテクスチャー(音の「地」)を担当する重要なパート・・・ここでも風景を聴いている。
「Co-eX」スタイルにより、現れ消えるシークエンスが螺旋を描く。 

2012tourou3.jpg

音の天使は、現れては急速に遠ざかる・・





スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sakakikimie.blog25.fc2.com/tb.php/35-2519e96f

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。